クロも悪くない。

クラスの人気者、リーダーやヒロインは周りからもてはやされる。でも、弱点が見えると周りは手のひら返し。これまでの2番手がリーダーに、ヒロインになる。その入れ替わりはあっという間だ。でも、元ヒーロー、元ヒロインの魅力がなくなったわけではない。

iPhone 7 Plus(Jet Black)を使っています。「美しい」「かっこいい」では言い当てられない魅力を持った新色 Jet Black 。表面に指紋が目立つことがわかると、人気はマットな Black に移り変わったけど、僕は Jet Black を選択しました。それも 5.5 inch 、大きいほうこと Plus の。

iPhone は片手で使えないとダメ。ずっとそう思って iPhone 6、iPhone 6s を選んできた。でも周りから「絶対 Plus がいい」「いちど使うとわかるよ」とかっておすすめされてきた。そのたびに「やっぱでかい」「でかすぎる」と感じて、4.7 inch の片手サイズを愛用してきた。だってスクフェスのプレイ感覚が変わっちゃうじゃないか。いや、昔の 3.5 inch の時からしたら 4.7 inch もでかいのだけど。

今回 Plus を選んだ理由は 2 つ。きっかけになったのはデュアルレンズになったことで写真がきれいに撮れるカメラ。はじめて使ってびっくりした。こんなにきれいに撮れていいのか。これまでのどの iPhone のカメラよりも驚いた。いやでも、そんなことだけで快適な片手操作を捨てるわけにはいかない。そこで浮上したもうひとつの理由は、「一文は百間に如かず」だ。言い換えれば「みんながそこまで言うなら」でもある。

指紋べったべたの Jet Black 。片手で操作できない Plus 。

まず Jet Black 、これは大正解。初日から指紋は気にならないとわかった。確かに長時間使ったあと、表面を見れば指紋はついている。でも、全然気にならない。もちろんときどき服の袖で拭いてあげるととてもきれいだ。なんというか、Apple のサイトで見ているレンダリングと実際に使う iPhone を見る目は違うのだと、そうとしか言いようがない。Jet Black、とてもきれいだ。

そして Plus 。これは 80 点か。もし次の iPhone を選ぶ機会があれば、次は 4.7 inch を選ぶかもしれない。大きい画面はとてもいい。大きい画面は正義だ。これは iPhone 6 のとき 4.7 inch で感じたものと同じだろう。でも、やはり片手で使うには大きすぎる。さいきんは少し慣れてきたこともあって、この大きい iPhone 7 Plus を片手で持って使っているけど、正直いつ落とすかわからない。とてもきれいに写真が撮れるデジュアルレンズはすばらしい。でも、やっぱりでかすぎる。でも、片手で使えてしまっている。たぶんいつか落とすけど。

Jet Black を指紋で敬遠したひと、まだ買っていなければ Jet Black をおすすめします。


Tagged with:
 

Comments are closed.